teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


2018年 蝉本格日

 投稿者:総参謀長  投稿日:2018年 7月12日(木)11時31分15秒
返信・引用
  平日に休暇をとり実家へ。新盆や、母の遺品整理等の打ち合わせ。
今年初めてミンミンゼミの声を一匹分だが、聴いた。「ヒグラシが鳴かないなぁ」と、父。
休み明け出勤時に、クマゼミ、ミンミンゼミの声を聴いた。7月10日、11日がスタート。
ニイニイゼミはその前から。
本当に何か変だと実感するのは動植物の反応だ。蝉が鳴いて良かった。
全国で大きな災害があったので、地域住民の被害だけでなく、農作物から動物、虫、植物迄と広いのだ。
今年は既に蛍を観たが、夏から秋にかけての虫の声は最高な生命力を感じさせてくれる。
あー、「夏休み」って言葉は幾つになってもいい響きでビジュアルだ。

終末は誕生日会で、折りたたみ椅子、風船ベッド、目覚まし器、シャンプーボトル等、かさばるモノをプレゼントとして送った。子供達はまた1年分大人に成長していた。その分我々は。。
モノを減らそう。
 
 

趣味の知識

 投稿者:総参謀長  投稿日:2018年 7月 6日(金)18時18分38秒
返信・引用
  今日は昨日と違い雨量対応の傘で通勤。
土砂降りから小降りと変化するこの雨は梅雨の雨じゃない。
低い黒い雲が流れて行く光景はなんだかゾクゾクする。
そんな中、傘さしてるのに頭にポツリと水滴が。
耐水圧低いな・・とテントのフライで得た知識で思う。
流れる雲と光射す方向は絵画で観た映像フィルターをかける事が出来る。
天気の様子は気象好きからの知識で現状把握と予測を得る事が出来る。
傘の扱いはカラビナを有効活用してるし、プロトレックはその機能を
十分に発揮。装備も趣味から得たものだ。
暦とは?。神話って何だ。目に見えなくても作用する磁力、気温、気圧
湿度、風速や日射量も計れるようになったのは近代だ。
オーラとか、元気量とか、そんなモノだって測れるようになるだろう。
時間って目に見えないものだったよな。今は時計で見える。
アニメとかバイクとか、映画、音楽全て趣味となるものは、日常生活全般に
必ず役に立つ。それは趣味も日常生活だからだ。
実は夢中というか、楽しいのが趣味で、辛いのが勉強だったりする。
同じものかと思う

 

寒冷化? 温暖化?

 投稿者:総参謀長  投稿日:2018年 7月 5日(木)11時06分32秒
返信・引用 編集済
  18年6月の太陽黒点数は全く無い状態からいきなり54個出現と、どんな状況なんだと、学者もはっきりした事はわからないだろう。現在のこの先1年間は黒点はゼロと予想されている。太陽活動の低下は太陽風の現象、宇宙線の地球内部侵入量増加、大気中の雲量増加、地表日射量低下から全球でマイナス1度下がるのでは?なんて予想も出ている。だれが計算したのかわからないので数値の信用度は未知だが、宇宙線の影響はそれだけではないだろう。電磁波関連の影響は?紫外線量低下では滅菌不足からの伝染病や、食糧不足なんかがこれまでの歴史では起こった。それらの奪い合いから戦争も起こっただろう。人類は各地域での影響度が違うが、落ち着いて援助しあう姿勢が必要だ。そこまで人類が進歩していればいいのが。現在の国家のトップは自国ファーストが流行りだ。まぁ本音時代とも言えるので、本質は変わってないが、国民のモラルは大きく変化する。ようするに寒冷化とか温暖化と、どっちなの?と言う見出しがおかしいので、太陽活動低下と表現すればいい。「温暖化じゃなかったのかよ!」なんて叫ばれた所で、誰も責任をとりはしない。IPCCはどうなるんだろう。日本の歴史を観てみると、この太陽活動低下時期「マウンダー極小期」には梅雨~夏~秋雨の頃の天候不順が著しく発生したそうです。江戸時代らしいのですが、米作に大きな影響がありました。
ちなみに黒点のメモを残すと、ガリレオ・ガリレイが観測記録を残したようで、この人凄いね。そして太陽には静寂期と活動期があるとして、静寂期から次の静寂期迄を1サイクルとして、2018年は2008年からの24サイクルの終わり=25サイクルのスタートと予測出来るようです。大体11年サイクルらしい。この期間が70年になってしまったのが、マウンダー極小期と言われる期間だ。実はこの期間に富士山が噴火している。
この時期の終わりごろには浅間山もだ。外国でも火山噴火の記録とそれによる日照不足の記録が残っている。日本では飢饉。温暖化、温室効果ガスで二酸化炭素がどうこういわれているが、この量が多いと植物の生長が良い事はこれから広く伝わるだろう。食糧危機の鍵に二酸化炭素はなるのだ。
また、氷河期についてだが、学説も色々あるが、10万年単位に氷期と1万年単位の間氷期とも言われている。現在は間氷期は終わっていて、氷期に移行中と多くの意見がある。太陽活動と寒冷化について調べたが、実はあのベテルギウスが超新星爆発寸前らしいと、その方面でかなり注目されている事を知った。太陽活動低下時期に地球にあ会える影響は?研究者たちは多くの素粒子、宇宙線が観測できるチャンスと考えるのだろうか。難しい事になるのは、人類の学問の発展のお蔭だが、運用者の発達度はどうなのだろうか。ともかく、寒冷化とか温暖化ではなく、太陽活動の静寂化と言うべきだろう。
地球の磁場にも影響はあるのだから。
 

渡来の名残

 投稿者:総参謀長  投稿日:2018年 7月 4日(水)17時32分40秒
返信・引用
  大磯の高麗神社、ほぼ真北に平井の妙見宮、さらに北で埼玉の高麗駅、聖天院がある。
入間川の高麗郡、玉川の狛江、相模川の高麗山から北上した後が点々と残っているようだ。
物部氏との関わりはわからないが、国津と天津の差がある。
飯能の高麗駅辺りはその東に大宮、大磯の東には富津があり、何の偶然か、平塚~貝塚~内裏塚・三篠塚・九条塚と塚が並ぶ、このライン上には鶴岡八幡宮もある。
平塚はその由緒が知れているので関係ないとは思うが、凄い偶然だ。
まぁ塚なんてそこらじゅうにあるのだろうが、残ってるのが凄い。
ちなみに房総上総一の宮と寒川の相模一の宮のライン上に富士山浅間はある。
こちらは偶然ではないだろう。ちょっとした宗教施設もある。意外にマイナーな神社仏閣が並んでいて、興味深い。
ここまで学んで来ても、推測は妄想の域を出ないだろうが、このレベルでもアニメとか、映画ネタには十分だ。歴史は面白い。事実は小説より奇なりとは明言である。
私自身、祖先を追うのは限界があるが、南方からの渡来のような気もする。
 

夏の海岸 理想/イメージ

 投稿者:総参謀長  投稿日:2018年 7月 4日(水)10時50分44秒
返信・引用 編集済
  もはや水着の異性達がその性度を競い合う場は疲れるので遠慮するお年頃。
静かな海岸で揺り椅子に座ってのんびり飲み物を頂く。
本を読んでもいいし、気が着いたらそのまま寝てるって感じがいい。
これは、海の近くのテラスって場所でも同じく最高だろう。
 手入れされた芝生と海と空と雲を観ながらって状況はこれ以上無いくらいの状況。
波の音もいいが、蝉の鳴き声、正午の静かさの中に何故かよく聞こえるセスナのエンジン音。
あー、これぞ夏の午後である。どこかの軒先の風鈴が鳴ってもいい耳障りだ。
 青い空にモクモクとした雲に青緑の海か、緑の芝生か。
ウッドデッキも最高だが、なにより静かさが大事だ。
でも、そこがカフェなら人々の会話もいい。海岸なら子供達の笑い声もいい。ただホドホドの音量なら。
道路上ならどうだろうか。風切る音とエンジン音。走る街並みの音も肌で感じながらその空間を味わう。
匂いや湿度も刻々と変化するバイクライド、これはたまりません。
四輪ではこの感覚は体験出来ない。夏の海岸線なんて、バイクが絵にならないわけがない。
未体験な妄想ではなく、ちょこっと体験済のイメージである。
 

本当にあるんだ。

 投稿者:総参謀長  投稿日:2018年 7月 3日(火)09時04分59秒
返信・引用
  今朝、妙な感覚で目が覚めた。自宅のまわりは静まり返っている丑三つ時。
サッカーだ、日本の応援、それは期待や勝手な盛り上がりも含めたエネルギーが、
煙のようにというか、山の上流の滝川のように幾筋もちいさな線となって漂って
来た。史跡やお社に行った時に感じる、歴史感、古くからの生活感と言ったモノにも似てる。人間の想念、情念ってこの空間中になんらかのエネルギーとして
存在するんだと実感した。だからと言ってそれが何かに影響を及ぼすかどうかはわからない。ただ、存在する事はわかった。本当に昔から言われてる事象はまだ科学では証明出来ないが事実だった。
7/2夕方に今年初のニイニイゼミの声を聴いた。ホッとした。
大きな自然災害の前触れで蟲達の異常行動があるからだ。
 

台風と高気圧

 投稿者:総参謀長  投稿日:2018年 7月 2日(月)10時12分12秒
返信・引用
  週末は通院2件を済ませ、週末飲み会の準備をし、銭湯へ。
高温対策と夏イベント打ち合わせを兼ねた。
暑いがそこそこの強風だったので、露天は空いていたし、良かった。
効果は確かで、翌日の厚さも、汗は出るが、あのぐったり感は無かった。
体メンテの翌日はバイクメンテ。オフ車のFB掃除とチェーン給油を行った。
さて、この早い梅雨明け発表は、台風を生んでいる原因が影響しているようだ。
台風は凄い低気圧で、その下降気流は高い高気圧になる。
いつにも増して海水温度の高い所があるか、上空の気流に変化があるかである。
この二つも相互に関係しているのだが、磁力や地球内部の活動にも変化がありそうだ。
人間の影響は局地的なものだろう。太陽活動の影響の前には人類はなすすべを持たない。
温暖化は他の生物の大切さには繋がるのだが、全球変化とは人間の驕りである。
ということで、梅雨が戻って来る可能性が高くなった。
「戻り梅雨」と表現させるだろう。
「超猛暑」とも報道あるかもしれないが、理屈をしっかりあわせては説明出来ないだろう。
暑い日はたしかにあるので注意が必要だが、今年はまだ蝉が鳴いてない。
地震は多いんだよね。私はさむくなってからの方が心配だ。
災害時には寒い時期の方が二次災害含めて辛そうだ。
ま、高気圧はほどよく、強まったり、よわくなったりしてくれればいいのだが、
海のかきまぜもひつようなわけで、台風さまさまでもある。
我等人間は、上手く対応するしかないので、逆に利用する方向で考えればいいのだ。
 

2018年梅雨

 投稿者:総参謀長  投稿日:2018年 6月28日(木)11時13分35秒
返信・引用
  6/25に梅雨前線が無くなって(東に抜けて)次の前線は関東南部には下がって来ない。
関東東側の高気圧勢力が強いのだそうだが、これは梅雨末期のような感じではないか。
そもそも“梅雨”なんて日本人が勝手に状態を名づけているだけであって、梅雨入り、明け
も気象庁が定めた基準である。それがわかっていれば、この状況は弊編とは違うって事だと
認識出来る。ようするにそういった寒暖の空気のせめぎ合いが今年は例年とは違うのだ。
寒冷渦が最近まで寒さを列島にもたらしたが、陸地の温度が暖まりにくく、これから勢力が
増すなら、前線は下がってくるかもしれない。でも海水温度もどうなる事か。
さて、6月末から7月上旬は関東南部では事実上の梅雨明け状態である。生活用水の蓄積
が心配されるが、この夏はこれから雨の量が増えるのだろうか。
農作物も心配だ。
 

週末の探索

 投稿者:総参謀長  投稿日:2018年 6月25日(月)11時23分49秒
返信・引用
  渋谷で蛍鑑賞は二度目。今日は雨で人は少なかった。今年既に自然の中で蛍を観てるので、少しもの足りない気がしたが、ゲンジボタルとヘイケボタルとの違いはよくわかった。でも飛んでる蛍が良いなぁ。この日は代官山弁財天を探したが見つけられる。後から調べると亡くなってるようだ。猿楽神社と予定が狂ったので恵比須神社にも立ち寄った。この日は飲みに行って、翌日朝は雨だったので、のんびりサッカー録画鑑賞。1日は過ぎた。この日は久々に夕日が綺麗だった。今週末は代官山~恵比寿間が少し土地勘がついた。新しい道具のチェックを行った。今年は椅子とバーナーに興味があるようだ。
今週末はよく歩いたからか、“道”の夢を観た。道は“気”が通る。風が通る。そうなると意識が通る
ようになる。龍とか犬が道から変化して現る夢だった。龍は何故か白蛇のようなのだが、竜なのだそうだ。無意識に私が調整してたかもしれないが。道というものは生き物のようにコミュニケーション可能
なものらしい。今回の道とは“タオ”ではなく、“道路”である。
 

先取り?

 投稿者:総参謀長  投稿日:2018年 6月21日(木)14時26分28秒
返信・引用
  安いから買ったコールマンのキックバックチェア。¥2000しなかったのだが、現在¥12000~¥26000越えでアマゾンで売られている。どうなってるんだろう。怖くて使えないじゃないか。バイクも同じだ。プレミヤがついている。
バイク用にと買った上着も時計もみーんな高価になっている。私は長い間ストックすろ方からなのか。
滅多に買わないフィギュアもとんでもない価値になってるし、投資ならいい調子だろうが、そんな意識でないから
こんな結果になるのだろうか。先取り派と思った事はないが、美術鑑賞といい、キャンプといい、手を出すと世間で
流行り出すようで、なかなか辛くもある。購入したものは手に入り難くなり、行きたい場所は混んでいて、予約すら取れない状況になり、思うようには楽しめない。
流行りの先取りなんて楽しくはない。そう言われて喜ぶ人はそのステータスを求めているので、流行るそのもではない。
だから先取りとは言わないのだ。
「イッチョガミ」してるだけだろう。
 

レンタル掲示板
/57