teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


お返事の歌

 投稿者:みきてぃ  投稿日:2019年 7月 7日(日)21時59分20秒
  開いたら
真美ぽんからの
恋愛歌
友達増えて
幸せな七夕
 
 

栗駒焼石ほっとライドお手伝い

 投稿者:仙台 マミポン  投稿日:2019年 7月 1日(月)14時35分30秒
編集済
  はじめての立哨はりきって
エスカレートのオーバーアクション
これならデニズニーランドで働ける!
来年は着ぐるみで参加したい。


みきてぃは
とってもやさしいおねえさん
あえてよかった
一緒に立哨

エイド食
1000円している前沢牛カレー
来年もお手伝いしたいぞ。食いたいぞ。
豪華デザート、おやつもいっぱいおいしかった。

走ろうか
雨が降っても
一緒なら
みきてぃと
抜きつぬかれつ
追いつかず。(平地速すぎます!)


お手伝いがおわって お昼をいただいて
帰ろうかと思いましたが みきてぃにせっかくだからはしろう!と
誘っていただき少しだけ前沢牛見学ライド。
すっごくたのしかったです。

エイドも充実のほっとライド。
くまさんに お声をかけていただき うれしかったものの
立哨が楽しすぎて マイワールド。
なんで ここにくまさん? みたいにキョトンんとしてしまいました。
(声かけてもらえたせっかくの機会なのにチキショ=)

たかはしさん、植沢さん、そして お声掛けいただき準備で走りまわられた
米倉さん ありがとうございました。今までで一番楽しいお手伝いでした。
またよろしくお願いいたします!みきてぃ また 一緒に走ってください!!

ほっとライド素晴らしいので もっともっと大きなイベントになりますように☆
 

栗駒グランフォンド試走会

 投稿者:tomeのN  投稿日:2019年 6月 6日(木)10時53分0秒
  栗駒の
グランフォンド
走りごたえ
絶景に温泉
魅了された
(この企画にはまりました)

三峠
アウターしばり
くるくると
ペダルがまわる
一段残しも
(ホームコースの方がはるかにキツイので余裕でした)

クマさんと
並走楽しい
後ろでは
アウターしばり
弟子もがいてる
(熊谷さんとの談笑しながらの登坂、至福でした)

最後尾
弟子と並走
先いくぞ
大森峠
みんなロックオン
(よいトレーニングになりました)

参加された皆さん、お疲れ様でした。また、サポートの平野さん、伊藤さんお世話さまでした。サポートという安心感があるからのグランフォンド試走会でした。
エイドの補給食、豚汁、大変美味しくいただきました。ちぎりコンニャクいいね!豚汁も進化していますね!

今回の試走会、米ライドとはまた違う赴きがあり、二日間楽しむことができました。
秋の本番のグランフォンドも、前泊で参加したいと思います。
よろしくお願いします!
 

初投稿

 投稿者:kana  投稿日:2019年 6月 6日(木)00時10分47秒
編集済
  前を行く自転車の列が美しく、いつも惚れ惚れ追いかけさせて頂いております。コンニャクの千切り方を褒めてもらったり、嘘でも褒められるのに快感を覚え(?)、すっかり米ライドのサポートが趣味になりつつあります。今回は初めて川柳を投稿します。皆さま、これからもよろしくお願いします。

コンニャクを
ちぎる私は
新妻のごと笑
皆んなの豚汁
美味しくなーれ

結構、川柳も楽しいかもね。
 

栗駒GF試走会

 投稿者:仙台のtake  投稿日:2019年 6月 5日(水)22時29分11秒
  KOMEさん、サポートしていただいたIさん、Hさん、Aさん、一緒に走っていただいた皆さんありがとうございました。
きついライドでしたが、走り終わった後の達成感はおおきかったです。
次の日、身体中藪蚊にさされていることに気がつきました。痒くて大変な事になっています。
皆さん大丈夫でしたか?

雄大な
山を見ながら
かけあがる
サイコー幸せ
やめられないぜ!

コンタクト
左目どこへ
飛んでった?
目えないけれど
無事走りきる

nさんの
アウターシバリ
真似てみる
すぐに限界
インナー シバリ

後半の
高速列車
ついてけず
脚うりきれて
置いて行かれる
 

栗駒GF試走会

 投稿者:仙台のOTAKI  投稿日:2019年 6月 4日(火)12時59分29秒
  栗駒の
絶景とは
裏腹に
何てきつい
峠道

大森山
最後の峠
登りきり
ほっと安心
内腿つる

一人では
絶対登れぬ
コースでも
コメ仲間なら
何とかなる
(あら不思議)

栗駒GF試走会では大変お世話になりました。み皆さんと一緒に走れたおかげで完走することができました。本当にありがとうございました。合わせて、色々お世話になり笑顔で勇気付けくれたKANAさん、ありがとうございました。
 

栗駒GF試走会

 投稿者:KOME  投稿日:2019年 6月 4日(火)00時21分30秒
  伊藤さん
ひょっこり現れ
驚いた
40年前
競ったライバル

夢を追い
温泉かみくら
アルバイト
いつかはここに
皆さん呼びたし

温泉と
ロングライドの
相性は
どんなもんだろ
喜ばれるかな

普段なら
客をもてなす
立場の俺
今日は逆転
不思議な気分

普段なら
まかないごはんで
済ます俺
豪華料理を
仲間と共有

前泊で
酒酌み交わし
近くなり
ロングライドで
更に戦友に

新田さん
坂でおかわり
行ったり来たり
弟子を気遣う
さすがは師匠

ちょうどよい
眺めの良さと
坂の量
いつかはここで
グランフォンドを

マミポンの
完走笑顔
嬉しいな
秋にはもっと
多くの人に
 

栗駒GF

 投稿者:みやぎのたかはし  投稿日:2019年 6月 3日(月)21時25分15秒
  山々を
覆いつくした
春ゼミの
声援受けて
湧く力

サポカーの
二人の気持ちに
癒されて
次の頂
皆目指す

アウターで
回し続けて
もう限界
インナー落ちても
すぐいっぱい

いくつもの
厳しさ越えた
仲間たち
言葉無くとも
つながる心

一人だけでは越えられない道を、仲間の力で乗り越えていく、そんな米ライドの醍醐味をあらためて感じた一日でした。
皆がゴールできたのは、各人の力はもとより、サポカーのお二人のアシストがあったからこそです!。ありがとうございました。
事前準備から当日のコース誘導まで、皆のために汗を流してくれた米さんにも感謝しています。
欅坂46のお嬢さんの話を家族にしたら、それは驚いていました。
 

栗駒グランフォンド!

 投稿者:仙台 マミポン  投稿日:2019年 6月 3日(月)14時07分21秒
  プロモーションは
自己紹介
きょうから知り合いの知り合いが芸能人。
ちょっと鼻高々。


美人マネージャー
同室で
今回もドキドキ
早めにネタフリ。


回収車
次はお前と
後ろから
まえから師匠が応援だ。
愛情いっぱいアウター縛り(涙


豚汁がおいしすぎておかわりだ。
おやつもいっぱいおいしいな(大福)
あんなに走って
なぜか体重増えていた。


今回もくまさん師匠のおかわりありがとう。
談笑して前走る二人に
坂道は楽しいものだと
妙な錯覚。


峠多くても
みんなが待ってる頑張れる。
今度はもうちょっと早くなるので
懲りずによろしく。


たいへんお世話になりました。
いつもなら あとどんだけ登らないと距離ばかり気にしてしんどいだけでしたが
ゴールでみんなが待っていることを考えたり
師匠の「あとちょっと」で 坂を坂と思わないで(なのになぜ遅いかは おいておいて)
楽しく登ることがでいました。

米ライドのグランフォンドは最高ですね。
米倉さん、平野さん、伊藤さん(最後は車の後ろにくっついて走らさせてもらいました)
参加のみなさま ありがとうございました。
ライド後の温泉は最高でした。
これからもどうぞよろしくお願いたします!
 

フルで参加したかった栗駒グランフォンド試走会

 投稿者:大船渡KUMA  投稿日:2019年 6月 3日(月)13時54分52秒
  KOMEライド
初夏のそよ風
心地良く
須川にも
ハルゼミ多し
(前回、銀山温泉ライドにて、高橋Mさんの話でそれまで意識する事のなかったハルゼミを意識するようになり、一関真湯側から須川に登坂している際、うるさいくらいにハルゼミが鳴いている事に気づき、驚きを隠し得ませんでした)

大森登坂
上に着く頃
脚はなし
そこへNさん
突風の如く
(大森山登坂の中盤あたりまでは、脚が回ってたのですが、上に行くにしたがって脚がけずられ、SEKIさんと併走しながら、ちょうどNさんの事を話していたら、突如としてNさんが猛スピードで私たちを置き去りにして行きました。あのスピードは反則です(笑) )

栗駒の
グランフォンド
雄大さ
満喫するも
途中参加

解散後
3000目指して
坂上る
一人寂しく
夕闇迫る

企画頂いた米倉さん、サポート役の伊藤さん、平野さん、阿部さん、今回も大変お世話になりました。
また、参加された豪脚の持ち主の皆さん、大変お疲れ様でした。

今回、早朝、地区の所用があり、どうしても、かみくらの集合時間には間に合わず、道の駅「厳美渓」スタートで、須川で皆さんと合流する事に。
ゴール地点のかみくらに到着した際には、獲得標高が2600を若干上回った感じで、皆さんが3000を越えているので、自分だけが取り残された感があり、皆さんと別れを惜しみながらも3000越え目指して、この後、一人寂しく走る事に。
再度、須川登坂も考えましたが、午後5時を過ぎている上、軽装で来てしまったため、暗がりの須川ダウンヒルは、ゴメンと焼石ほっとラインへ脚を向けて走り、辛うじて3000をクリアする事が出来ました。
また、参加した際には、皆さんどうぞ宜しくお願い致します。

今回の走行距離174.28km、獲得標高3,094m、平均速度22.8km/時(GARMIN EDGE 820Jデータより)
6月2日時点での今年の走行距離11,296km、獲得標高245,476m
 

レンタル掲示板
/115